【理由】なぜ熱しやすく冷めやすくなったのか気づいた。

こんにちは!ンゴッチです。

みなさんは熱しやすく冷めやすいですか?ぼくは熱しやすく冷めやすいです。

とはいっても恋人に対してとか、そういう話ではありません。

正確には新しく取り組む事に対して、熱しやすく冷めやすいです。

上記は決して悪い意味ではなく、ある程度までやり切った上で冷めてしまうという意味です

ではなぜ、新しく取り組む事に対して、熱しやすく冷めやすくなったのでしょうか。

その理由を解説していこうと思います。

情報の鮮度が落ちやすくなった

これが熱しやすく冷めやすくなった、大きな原因だと考えられます。

近年は情報ネットワークが普及し、情報伝達スピードが非常に早くなっています。

そして、情報の入れ替わりが非常に速いです。

そのため、情報の鮮度が数時間で落ちてしまいます。

その結果、気づかない間に新しい情報を求めるようになり過ぎ去った情報はすぐに忘れ去られていくのです

この現象は現実世界でも同様に起きるようになり、どんどん新しい物を欲しがる姿勢がついてしまいました。

それが熱しやすく冷めやすくなった原因だと考えられます。

熱しやすく冷めやすいを活かすには

次に熱しやすく冷めやすいを活かす方法を紹介します。

毎日同じような生活をしていると、1週間前が昔に感じる事がありませんか?

毎日同じような生活=慣れ切った生活と認識でき、新鮮味が無い毎日を過ごしていると置き換えられます。

つまり人間として成長しない毎日を過ごしているのです。

熱しやすく冷めやすい人は、常に情報をアップデートしているので、毎日が新鮮味があって楽しいと思います。

情報の差は、最初は微量でも、時間が経つと大きな隔たりを生みます。

ポジティブな捉え方をすると、熱しやすく冷めやすいは頭の中が常にアップデートしている状態なのです!

まとめ

以上、熱しやすく冷めやすくなった理由を紹介してきましたが、いかがでしたか?

熱しやすく冷めやすいのは現代特有なのかもしれません。

新しい情報がどんどん入れ替わっていく世の中なので、仕方のないことです。

熱しやすく冷めやすい=ネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、それは偏ったイメージです。

今後文明が発達するにつれて、それが当たり前になっていく世の中になっていくと思います。

時代の流れに取り残されないように、常に頭の中をアップレートしていきましょう!