【ロッキン8/4】ROCK IN JAPAN FES.2018の初日に参加した感想!【主にUVER】

こんにちは!ンゴッチです。

先日ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018(以下ロッキン)の初日に参加していきました。

規模が国内最大級のロックフェスで、茨城県ひたちなか市のひたちなか海浜公園で行われています。

この日はぼくの大好きなUVERworldが出るという事で、9割UVER目当てで参加しましたが、他のアーティストも沢山見る事ができてとても楽しかったです!

今回は、2018年ロッキン初日の様子を紹介していきます。

【事前準備】ロッキンに持って行った物

・ロッキンのチケット

・ロッキン会場へのバスのチケット

・帽子

・日焼け止め

・サングラス

・アクエリアス2ℓ(半分凍らせたもの)

・麦茶2ℓ

・冷えピタ

・ヒヤロン

・塩飴

・レジャーシート

・小さめのポーチ

・最小限の現金(小銭)

・着替え

・充電器

・汗拭きシート

・ゴミ袋

2018年の夏はとても暑いでした!

フェスの当日も気温が30℃を超え、熱中症対策を万全にしていきました。

特に飲み物は現地でも調達できますが、とても並ぶので事前に準備しておいた方が良いかもしれません。

また、2018年のロッキンから電子マネーを使ってグッズの購入等ができるようになりました。

そのため最小限の現金でフェスを過ごすことができます。

今後、食べ物の購入も電子マネーでできたら嬉しいです。

観戦したアーティスト

観戦したアーティストは以下の通りです。

特に楽しみだったのは、GRASS STAGEのORALとUVERでした。

GRASS STAGEは4~5万人を収容できる国内最大級のフェスの会場で、とにかくめちゃくちゃ広いです。

GRASS STAGEはこんな感じです。

広さが伝わりにくいですが、とにかくめちゃくちゃ広いです。

ROCK IN JAPAN 2018 grass stage

BIG MAMA

初めて見ました!後日追記

THE ORAL CIGARETTES

とてもよかったです!後日追記

coldrain

初めて見ました!後日追記

【大本命】UVERworld

GRASS STAGE 16:45~

<セットリスト>

リハ:I LOVE THE WORLD

真太郎と誠果登場。リハーサルなのにめちゃくちゃ盛り上がりました。

途中でTAKUYA∞が裏で歌い始めましたが、声の調子が悪そう…。

あとエコーマイクで歌った瞬間、急に全部の音が鳴らなくなりました。

トラブルかな?と少し心配になりましたが、本番が始まったら音がしっかり鳴ってよかったです。

1.TYCOON

2.DECIDED

まさかのDECIDED!絶対7th triggerが来ると思ったので不意打ちをくらいました。

めちゃくちゃ盛り上がり、ボルテージがいきなり最高潮へ。

サックスなしのshort.ver。

TAKUYA∞のカスカスな声が心配過ぎて、全体を通して音楽に集中できなかったですw

3.ナノ・セカンド

エモいサックスからのナノ・セカンド!カッコイイ。

「たった6人。たった数十人のスタッフ。たった数百人のUVERworld達と共にROCK IN JAPANにやってきたぞー!」(うろ覚え)

初めてUVERworldを聴いた友人は、サックスが演奏に入っている事にびっくりしていました。

冒頭からカッスカス声の「幻想のままで~終わっていっていいわけないだろう~」にヒヤり。

こちらもshort.ver。

4.WE ARE GO

LIVE ver. のWE ARE GOが本当にカッコよくて好きです。

何ならここ最近のLIVEでWE ARE GOが一番好きかもしれません。

UVERworldの良さが全て詰まっている曲。

パーカッションから始まり、力強いサックスとミドルテンポで徐々に盛り上がっていき、2番サビで最高潮に達する感じがUVERらしさを感じます。

冒頭から「今日が人生最後のLIVEかのような、魂乗っけたLIVEぶちかましていこうぜー!」(うろ覚え)と飛ばしていくTAKUYA∞。

WE ARE GOもshort.ver。初めてこのバージョンを聴きました。

5.ODD FUTURE

まさかの新曲!フェスで初めて聴けるとは思っていませんでした。

いつもなら「一滴の影響」の流れですが、喉の調子的に高音が出しにくかったのかもしれません。

「ほんとどうかしてると思う。みんなが知っている曲やらずに、新しい曲をフェスでやっちゃうんだよね。誰も聞いたこと無い、お洒落な新曲披露するよ。奇妙な未来、ODD FUTURE」(うろ覚え)

6.ALL ALONE

「俺たちは結成して18年立つけれど、15年目までロッキンに出る事ができなかった」

「15年目にしてロッキンに出場することができて、2年連続で出させてもらったが、去年は出演しない事を決めていた」

「フェスって特別な場所だと思うんだ。毎年出演しても薄れちゃうし」

この後忘れた。

「俺がやりたいのはこれだった(マイクを人差し指で叩きながら)」

「あなたはどんなステージに立ちたいんだよ?君はどんな世界に行きたい?お前はどこで何をしてたいんだよ!」

ここでギターがジャッジャッジャッと弾かれ、ALL ALONEが流れ始める。

「孤独と向き合い見つけた最後のAnswer ALL ALONE!」

7.PRAYING RUN

最初のハァハァの所を歌わずに煽る&ヨーヨーとラップ調でした。

8.Q.E.D.

「昔はオレも10年前くらいに、あの木らへんでGRASS STAGEに立つ10-FEETを見ていたよ」

「俺たちもあなた方と同じ場所に立っていた。証明完了Q.E.D.」

9.零HERE~SE~

10.IMPACT

めちゃくちゃ盛り上がりました!すごかった。

この日のIMPACTは、これまで観たIMPACTの中でもかなり上位だったと思います。

あと二番サビ前に煽るのもよかった。

11.在るべき形

「誰がどんなことを言ったってかまわねぇ、俺たちはストイックであり続ける」

「どこのどいつが俺たちの未来に絶望したって、俺たち自身が俺たち自身の未来に絶望することはない。それが俺たちUVERworldの在るべき形」

最後の最後でようやく喉の調子が戻っていてよかったです!

あと「もし投げ出しただけなら 僕を許さないでくれ 仲間だからこそ許さないでほしい」の時に、克哉と肩を組んでいたのが感動しました。

やっぱりUVERworldが圧倒的にこの日のNO.1でした!

とても良かったです。

AquaTimez

泣きました。後日追記

まとめ

ロッキンは2年ぶり2回目の参戦でしたが、全体を通してとても楽しめました!

あと熱中症になりかけたので、今後参戦する人は熱中症対策をしっかりしましょう!

UVERが出る他のフェスにもどんどん参戦していこうと思います。