価値観

【脱マスメディア】ぼくがTVを見なくなった理由

更新日:

こんにちは!ンゴッチです。

みなさんは最近TVを見ていますか?

ぼくはここ最近はめっきり見なくなってしまいました…。

最近見たのはW杯くらいです。

 

逆に上の世代の人は、TVを見ている時間が多く感じます。

ぼくの家では母親がよくTVを見ています。

あと近所のおばちゃんの家からも、毎日のようにTVの音が聞こえます。

なぜでしょうか。

 

そこでぼくがTVを見なくなった理由と、上の世代がTVを見る理由も紹介します。

TVを見なくなった理由

面白くない

TVを見なくなった理由はこれにつきますね。

見ている時間が勿体ないと感じ、TVを見るのをやめました。

 

くだらないバラエティや、しょうもないニュース番組。

バラエティは面白い人もコンテンツもなくなってしまい、面白くない物を無理やり面白くしようとしている感が否めません。

ニュース番組は日本国内で起きているくだらないことを流すのではなく、世界で起きていることを流してほしいです。

YouTubeの方が面白い

最近はYouTube・SHOWROOM・TikTokなどの映像媒体で、素人でも簡単に有名になれるようになりました。

そしてTVでは絶対できないような面白いコンテンツが豊富にあります。

そういった面で、YouTubeなどに流れていく人がかなり多いと思います。

 

あとはスマホやPCで好きなものを好きな時に気軽に見れるのも、YouTubeの良い所ですよね。

TVは、TVの前に座って見るか、見れなかった場合はわざわざ録画しないと見れませんから。

 

最近は芸能人という括りの存在感の弱さを感じます。

面白い素人が世の中には沢山いるので、芸能人の立場がどんどん狭くなっていく時代になりそうです。

 

上の世代がTVを見る理由

次に上の世代がTVを見る理由について紹介します。

なぜTVを見るのでしょうか?

 

それは主に40代以上の世代の人達は、主にTVなどのマスメディアが発信する情報に従って育ってきたからです。

情報ネットワークが普及する前、現代のようにTwitterなどのSNSがなかったので、唯一の情報源がTVや新聞などのマスメディアのみでした。

ですので、TVの情報を完全に信じ切っている人が上の世代にはかなり多いです。

一方的に与えられる情報だけを受け取るのはとてももったいないなぁと思います。

 

まとめ

ぼくがTVを見なくなった理由と、上の世代がTVを見る理由を紹介してきましたが、いかがでしたか?

TVが情報・コンテンツを提供するのではなく、視聴者が情報・コンテンツを選ぶ時代になってきました。

時代の流れが非常に早いので、時代の流れに乗り遅れないようにしましょう!

 

  • この記事を書いた人

ンゴッチ

23歳。やりたい事が見つからなかったので、やりたくない事を捨ててきた。大学院中退→新卒内定辞退→新卒ベンチャー予定。将来の目標は独立して、好きな人と好きな場所で働くこと。当ブログは月間1万人に読まれている。

-価値観

Copyright© んごブロ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.