大学院中退

【経験者が語る】大学院を中退しようか悩んでいる人へアドバイス

更新日:

worry

 

大学院を中退しようか迷ってる人「大学院を中退しようか迷っているんだけど、中退したらどうなるんだろう?大学院を中退してる人ってあまり見たことないし、、、人生オワコンかな、、、大学院を中退したら、どうなるか教えてください。あと大学院を中退した後、何をしたらいいか教えて欲しいな。」

 

 

こんな疑問に答えます。

 

  • 本記事の内容

・大学院中退は人生に影響を及ぼすのか?

・大学院を中退した後、何をすればいいのか?

・大学院を中退する際の注意点

 

この記事を書いている僕は、2017年10月に大学院を中退した、中退経験者。

大学院を中退した後は、新卒に混じって就活をし、某大手IT企業に内定を頂きました。

 

大学院を中退する人ってなかなかいないですし、その後の進路も見えないと思うので、僕の経験も交えつつまとめていきます。

結論:大学院を中退しても人生に影響なし

smile

 

結論から言うと、大学院を中退しても人生オワコンではないです。安心してください。

 

「卒業後のゴール=就職」という先入観があるので、「中退後の進路=??」と不安になるかもしれません。

 

ですが実際に、僕は中退前提で新卒に混じって就活しましたし、中退後に様々な進路があることがわかりました。

 

あと、よく「大学院を中退したら、残された道は公務員のみ!」とありますが、あれは真に受けなくて大丈夫です。

中退後の進路は星の数ほどあるので、将来の可能性を狭めず、進路を考えていきましょう。

 

ではどういった進路があるのか?一例を紹介していきます。

 

新卒に混じって就職活動

まずは新卒に混じって就職活動することについてです。

それにあたって、何点か条件があるので、最初にお伝えしておきます。

 

  • 新卒で就活するための条件

・「既卒」を「新卒」扱いしている企業にエントリー

・現役大学生・大学院生と一緒に就活する勇気を出す

 

実際、「既卒3年以内」の人を新卒扱いをしている企業は多いです。

僕も「既卒可の企業」に絞って就活を行いました。

そして、意外と既卒を受け入れている大企業は多いので、いっぱいググってみましょう。

 

既卒=オワコンではない

あと、既卒=オワコンみたいな風潮がありますが、あれも真に受けなくて大丈夫です。

 

実際に既卒で就活しましたが、不利になることはありませんでした。

理由としては、「大学院中退」とエントリーシートに書いてもほとんど通ったので、書類選考時点では問題なかったからです。

不利になるのであれば、大学院中退と書いた時点で、エントリーシートすらまともに通らないはず。

 

そして、面接では「大学院を中退する理由」を聞かれることが多かったです。

むしろほとんどの企業でその質問をされたので、それさえ対策すれば、何とかなります。

 

企業からしたら、オイシイ人材

もし、大学院を中退前提で就活するなら、胸を張って就活に参加しましょう。

なぜなら、企業からしたらオイシイ人材だからです。

 

  • オイシイ人材の理由

・世間的には、大学院に進学している時点でスゴイと思われている。

・そして、大学院に行くくらいの頭の良さがあるなら、どの企業もそういった人材を欲しがるはず。

・さらに、挫折経験(=大学院中退)がある人材は、成長のスピードが速い。

 

オイシイ人材要素がこれだけあるので、ネガティブになる必要はありません。

あとは、現役大学生・大学院生と一緒に就活する勇気を出すのみ。

頑張りましょう!!

 

就活するにあたって、何から始めればいいの?

何から始めれば良いかわからない人もいると思うので、それについても説明します。

 

結論から言うと、就活支援サービスを利用するのが手っ取り早いです。

就活は長丁場の戦いになり、知識がないと太刀打ちできないので、プロにお任せする方が確実。

 

  • おすすめ就活支援サービス

就職Shop:リクルートキャリアが運営している「大学院を中退する人」等を対象とした就活支援サービス。かなり手厚いです。新卒案件あり。

ウズキャリ:こちらは既卒・第二新卒専門になってしまうので、新卒就活で困ったら使ってみましょう。ただ、一部新卒案件あり。「ブラック企業が排除されている」というのが特徴的。

 

就職以外の選択肢もたくさんある

その他、就職以外の選択肢もたくさんあります。

詳しくはこちらの記事に書いてあります。

【就職が全てじゃない】大学院中退後の選択肢まとめ

 

上記記事を要約すると、

・休学して、長期インターンシップに参加。

・海外でワーホリに参加。

・旅に出る。

・自分のビジネスを始める(メルカリ・ブログ・note・coconala)

・ニートになる

 

以上、大学院を中退すると、進路がたくさんあることがわかったと思います。

続いて、大学院を中退する際の注意点を紹介します。

 

大学院を中退する際の注意点

親と教授に必ず相談する

これは勇気がいることですが、必ず相談してください。

ポイントは以下のとおりです。

・親に「大学院に行きたくない」とボソっと言う。

・中退理由を正直に答える。

・大学院中退後のプランを説明する。

 

次の進路の目処が立ってから中退した方がいい

人間はどこかのコミュニティに所属していないと、不安定になる生き物です。

たとえば就活するなら、大学院に在籍したまま、中退前提で就活するのがオススメ。

次の進路の目処が立ったら心もスッキリしたまま中退できるので、一石二鳥ですね。

 

  • 進路がわからないなら相談しよう

・TwitterのDMで相談承ってます。

ココナラでも、相談できます(一部有料)

・就活に関する無料相談は、就活のプロに

 

1人で抱え込むよりも、誰かに相談した方が絶対良いです。

何ならぼくも背中を押すので、DMでご連絡ください!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

  • おすすめ就活支援サービス

就職Shop:リクルートキャリアが運営している「大学院を中退する人」等を対象とした就活支援サービス。かなり手厚いです。新卒案件あり。

ウズキャリ:こちらは既卒・第二新卒専門になってしまうので、新卒就活で困ったら使ってみましょう。ただ、一部新卒案件あり。「ブラック企業が排除されている」というのが特徴的。

 

  • この記事を書いた人

ンゴッチ

23歳。やりたい事が見つからなかったので、やりたくない事を捨ててきた。大学院中退→新卒内定辞退→新卒ベンチャー予定。将来の目標は独立して、好きな人と好きな場所で働くこと。当ブログは月間1万人に読まれている。

-大学院中退

Copyright© んごブロ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.