【経験者が語る】大学院を中退しようか悩んでいる人へアドバイス

大学院を中退しようか迷っている人

大学院を中退しようか迷っているんだけど、中退したらどうなるんだろう?大学院を中退してる人ってあまり見たことないし、、、人生オワコンかな、、、大学院を中退したら、どうなるか教えてください。あと大学院を中退した後、何をしたらいいか教えて欲しいな。

 

こんな疑問に答えます。

 

・大学院中退は人生に影響を及ぼすのか?

 

・大学院を中退した後、何をすればいいのか?

 

・大学院を中退する際の注意点

 

この記事を書いている僕は、2017年10月に大学院を中退した、中退経験者。

大学院を中退した後は、新卒に混じって就活をし、某大手IT企業に内定を頂きました。

 

大学院を中退する人ってなかなかいないですし、その後の進路も見えないと思うので、僕の経験も交えつつまとめていきます。

結論:大学院を中退しても人生に影響なし

smile

 

結論から言うと、大学院を中退しても人生オワコンではないです。安心してください。

 

「卒業後のゴール=就職」という先入観があるので、「中退後の進路=??」と不安になるかもしれません。

 

ですが実際に、僕は中退前提で新卒に混じって就活しましたし、中退後に様々な進路があることがわかりました。

 

あと、よく「大学院を中退したら、残された道は公務員のみ!」とありますが、あれは真に受けなくて大丈夫です。

中退後の進路は星の数ほどあるので、将来の可能性を狭めず、進路を考えていきましょう。

 

ではどういった進路があるのか?一例を紹介していきます。

 

新卒に混じって就職活動

まずは新卒に混じって就職活動することについてです。

それにあたって、何点か条件があるので、最初にお伝えしておきます。

 

  • 新卒で就活するための条件

・「既卒」を「新卒」扱いしている企業にエントリー

・現役大学生・大学院生と一緒に就活する勇気を出す

 

実際、「既卒3年以内」の人を新卒扱いをしている企業は多いです。

僕も「既卒可の企業」に絞って就活を行いました。

そして、意外と既卒を受け入れている大企業は多いので、いっぱいググってみましょう。

 

既卒=オワコンではない

あと、既卒=オワコンみたいな風潮がありますが、あれも真に受けなくて大丈夫です。

 

実際に既卒で就活しましたが、不利になることはありませんでした。

理由としては、「大学院中退」とエントリーシートに書いてもほとんど通ったので、書類選考時点では問題なかったからです。

不利になるのであれば、大学院中退と書いた時点で、エントリーシートすらまともに通らないはず。

 

そして、面接では「大学院を中退する理由」を聞かれることが多かったです。

むしろほとんどの企業でその質問をされたので、それさえ対策すれば、何とかなります。

 

企業からしたら、オイシイ人材

もし、大学院を中退前提で就活するなら、胸を張って就活に参加しましょう。

なぜなら、企業からしたらオイシイ人材だからです。

 

  • オイシイ人材の理由

・世間的には、大学院に進学している時点でスゴイと思われている。

・そして、大学院に行くくらいの頭の良さがあるなら、どの企業もそういった人材を欲しがるはず。

・さらに、挫折経験(=大学院中退)がある人材は、成長のスピードが速い。

 

オイシイ人材要素がこれだけあるので、ネガティブになる必要はありません。

あとは、現役大学生・大学院生と一緒に就活する勇気を出すのみ。

頑張りましょう!!

 

就活するにあたって、何から始めればいいの?

何から始めれば良いかわからない人もいると思うので、それについても説明します。

 

結論から言うと、就活支援サービスを利用するのが手っ取り早いです。

就活は長丁場の戦いになり、知識がないと太刀打ちできないので、プロにお任せする方が確実。

 

おすすめ就活支援サービス

ウズキャリ

・カウンセラーの9割が元既卒・第二新卒で就活経験あり←珍しいです

 

・同じような経験をしているからこそわかる、視点やノウハウをお伝え

 

・1人1人に対してかなり手厚くサポート(面接対策、書類添削等)

 

・内定獲得まで徹底サポート

カウンセラーが元既卒なのは、かなり安心材料ですよね。

さらにウズキャリ完全無料で使用できるというのも魅力的。

 

利用の流れとしては、下記のようになります。

1. 会員登録

2. カウンセリング、今後の方針決定

僕も実際に利用してみましたが、会員登録からカウンセリングまでの流れがあっという間でした!

とてもスムーズに対応してくださるので、早めに次の進路を決めたい方や、どうしようか迷っている人におすすめです。

公式サイトはこちら

就職Shop

リクルートキャリアが運営

いわゆる”通常の就活ルートを外れてしまった人向け”の就職支援サービス

・通常の人材紹介では紹介が難しい若手の就職支援が得意

・書類選考なし

・成長でき、働きやすい(居心地の良い)、やりがいのある企業を紹介

就職Shopは就活支援サービスの中でも特に手厚いサポートを受けれると評判です。

また取り扱っている企業が、例えば未経験OKで研修制度がしっかりしている会社など、

自分の希望に合った良い企業を紹介してもらえるので、オススメです。

 

 

就職以外の選択肢もたくさんある

その他、就職以外の選択肢もたくさんあります。

詳しくはこちらの記事に書いてあります。

【就職が全てじゃない】大学院中退後の選択肢まとめ

 

上記記事を要約すると、

・休学して、長期インターンシップに参加。

 

・海外でワーホリに参加。

 

・旅に出る。

 

・自分のビジネスを始める(メルカリ・ブログ・note・coconala)

 

・ニートになる

以上、大学院を中退すると、進路がたくさんあることがわかったと思います。

続いて、大学院を中退する際の注意点を紹介します。

 

大学院を中退する際の注意点

親と教授に必ず相談する

これは勇気がいることですが、必ず相談してください。

ポイントは以下のとおりです。

・親に「大学院に行きたくない」とボソっと言う。

 

・中退理由を正直に答える。

 

・大学院中退後のプランを説明する。

 

次の進路の目処が立ってから中退した方がいい

人間はどこかのコミュニティに所属していないと、不安定になる生き物です。

たとえば就活するなら、大学院に在籍したまま、中退前提で就活するのがオススメ。

次の進路の目処が立ったら心もスッキリしたまま中退できるので、一石二鳥ですね。

 

まずは誰かに相談しよう

お問い合わせフォームにて相談承ってます。

 

・就活に関する無料相談は、就活支援サービスを使ってプロにお任せしよう。

1人で抱え込むよりも、誰かに相談した方が絶対良いです。

何ならぼくも背中を押すので、お問い合わせフォームからご連絡ください!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

こちらの記事もオススメ:【完全版】大学院中退者の新卒就活バイブル

ウズキャリ

・カウンセラーの9割が元既卒・第二新卒で就活経験あり←珍しいです

 

・同じような経験をしているからこそわかる、視点やノウハウをお伝え

 

・1人1人に対してかなり手厚くサポート(面接対策、書類添削等)

 

・内定獲得まで徹底サポート

公式サイトはこちら

就職Shop

リクルートキャリアが運営

 

いわゆる”通常の就活ルートを外れてしまった人向け”の就職支援サービス

 

・通常の人材紹介では紹介が難しい若手の就職支援が得意

 

・書類選考なし

 

・成長でき、働きやすい(居心地の良い)、やりがいのある企業を紹介